内視鏡検査で大病を未然に予防

Article List

Category

Calendar

2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

女性も安心できる福岡の大腸内視鏡検査病院

大腸がんなど、大腸のトラブルは便秘になりやすい女性が多く見られます。男性も多いですが、女性だって気をつけることが大事です。特に便秘であるという人は、大腸の環境が良くないので、大腸がんになるリスクが高いと言われています。大腸がんは手術を必要とする、とても辛い病気です。そのため、今から予防をすることが大事ですね。
そんな時、いざ病院を受診して予防をするために大腸内視鏡検査を受けたいと思った時、男性医師だと恥ずかしいと感じます。そのため、できるなら女性の医師に見て欲しい、検査をして欲しいと感じますね。
その点、福岡の大腸内視鏡検査病院は女性医師がその検査をしてくれるところがあります。それは、とても珍しいことですが、福岡の大腸内視鏡検査病院では可能となっています。恥ずかしい思いを少しでも少なくすることが出来ると、その検査を楽に受けることができます。
女性医師に行ってもらうと、同じ女性としてその恥ずかしさや説明等について理解をして、話をしてもらうことができます。それは、とても大切なことですね。男性医師には、いうこといができない、そんな内容も女性医師だったら伝えることができます。恥ずかしさを少なくすることができるのは、一番大切なことです。

福岡で怖い大腸癌の治療には大腸内視鏡検査

ある時からお腹の痛みを継続的に感じるようになった場合、大腸の何かの病気だろうかと不安がつのるばかりです。大腸の病気でもっとも怖いのは大腸癌で、40代を過ぎた中年世代のあたりから、免疫力の低下と体の酸化が進むために、大腸がんにかかる確率が増えます。癌は初期段階で治療ができればよいですが、全身に転移していくだけに早急な検査が必要です。
福岡で大腸の検査を受ける人は毎年大勢いますが、その場合には大腸内視鏡検査を受けることで、かなりの確率で癌をはじめとした病気を発見することができます。
大腸内視鏡検査では、結腸から直腸に至る2メートルもの範囲を検査します。内視鏡で見ると、初期の癌はポリープと呼ばれる腸壁から飛び出た形で出来ていることが多く、この段階ならば治療も簡単に済みます。しかし時間が経過すると大腸の健康な細胞と混ざり合って、治療が困難になってきます。
もし大腸癌が見つからなくても、大腸内視鏡検査では、別の腹痛の原因が見つかりやすくなります。潰瘍性大腸炎やクローン病や虚血性腸炎、寄生虫の発見などです。福岡で腹痛の治療法はもっぱら胃腸薬だという人も多いのですが、年に1度の大腸内視鏡検査を受けることにより、腸の病気はすみやかに発見、治療できるでしょう。

Update List