大腸の内視鏡検査は適切な麻酔をしてくれるから安心

Article List

Category

Calendar

2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

辛い怖いそんな大腸内視鏡を身近な検査に

大腸内視鏡検査と言えば、きつい、気持ち悪い、怖いの三拍子がそろった検査とよく言われます。最近は、この検査も変わりつつあります。まず何が変わっているかというと、内視鏡カメラの管が圧倒的に細くなっています。昔も今も、検査前は断食して、バリウムを飲んでとしていますが、実際それは今も変わりません。
ただし、口から入れていた管を鼻の穴から通すことが主流となり、圧倒的に管を入れる際の気持ち悪さを軽減できているのです。怖いと言って避けていると、大病を見逃す可能性が多いにあります。また管が細くなったので、見える範囲も狭くなったのではないか、その分長時間の時間がかかるのでは無いかと思われる方も多いと思いますが、実際はカメラも広角化されたり、拡大もできるようになりました。
内視鏡は大腸検査や胃の検査によく活用されますが、特に成人男性の生活習慣から発病しやすい胃がんや大腸がん、また、ポリープや炎症等を早期に発見し、早期治療をすることで、特に胃や大腸は一部摘出するような手術が多いので、体への負担も大きくなりがちです。早期発見、早期治療で最低限の負担で済む場合も少なくありません。内視鏡の精度は日々上がっており、より負担の小さい検査が始まっています。

患者に優しい福岡の大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査と聞くと恥ずかしい気がしたり、苦痛な検査というイメージがあるのではないでしょうか。その為、なんとなく調子が悪いと自覚をしていてもなかなか検査を受ける気になれずそのまま放置してしまい、結果手遅れということにもなりかねません。福岡には患者の立場にたった優しい検査をしてくれるクリニックがあります。
検査の予約はしっかりと時間に余裕を持ってとってくれるので、受ける側としてはバタバタすることなく落ち着いて検査に臨めます。検査の準備の時点では、医師よりも看護師さんとのコミュニケーションが多くなってくるのですが、不安を取り去るように優しく丁寧に対応してもらえるので緊張がほぐれてきます。やはりきちんとした検査を受ける為には患者の精神面の安定も大事なことです。前室として個室が用意されるので、しっかりとプライバシーも守られ安心です。
大腸内視鏡検査の時はその人に合った適切な量の静脈麻酔をしてくれる為、眠っている間に苦痛もなく終了しています。検査後は目が覚めるまでベッドで休むこともできます。終始安心感に包まれた中で受ける大腸内視鏡検査は患者にとっては本当に有難いものです。福岡で大腸内視鏡検査を受ける時は、このように患者に優しく寄り添った検査をしてくれるクリニックで受けるようにしましょう。

Update List