腸に異変を感じたら

Article List

Category

Calendar

2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

福岡は大腸内視鏡検査ができる病院は多い

福岡で大腸がんの検査をしたいと考えると、どういう方法があるのでしょうか。最もメジャーな検査方法は、大腸内視鏡を使った検査です。大腸内視鏡検査の方法は、カメラが付いた管を肛門から大腸に向かって通していきます。管を通していけばカメラで見たいところを観察して、大腸がんがあるのか、ポリープがあるのかなどが分かるようになります。
また、大腸内視鏡検査をすると、大腸がんの他にも病気を発見できることがあります。たとえば、潰瘍性大腸炎という病気を発見できることもあります。潰瘍性大腸炎とはあまり聞きなれない病気ですが、大腸に潰瘍ができます。下痢を頻繁に起こしたり、血便がずっと続くことがあると潰瘍性大腸炎になっている可能性もありますので、内視鏡検査を受けてみると発見されることもあります。
他にも大腸に潰瘍ができる病気があります。クローン病という病気もありますので、腸に異変を感じたら注意しなくてはいけません。では、大腸内視鏡検査を福岡で受けるなら、どこで受けたらいいのかですが、検査を行っているクリニックや総合病院ならどこでもかまいません。福岡には総合病院やクリニックはたくさんありますので、近所で予約してみてはいかがでしょうか。

高精度な大腸内視鏡診断を福岡で

大腸内視鏡検査は、肛門からカメラを入れて腸内を調べていき、様々な病気を発見する事が出来ます。大腸内視鏡検査でわかる病気は、大腸ガンや大腸ポリープ、クローン病、潰瘍性大腸炎、虚血性腸炎など他にも色々あります。福岡には、大腸内視鏡検査が出来る病院が複数あって、高精度な検査に対応出来るクリニックも多くあります。
通常の大腸内視鏡検査の場合、異常が見つかると詳しく調べる為に大きな病院を紹介され、再度内視鏡検査を受けることになります。しかし、最初検査するクリニックに高精度な検査機器があると、他の病院で再検査する必要がなくなり、普通の機器では見つからない病気の発見も期待できます。福岡には高精度な大腸内視鏡検査が出来るクリニックが多いので、検査体制に優れた地域と言えます。高精度な大腸内視鏡検査には、NBI(狭帯域光観察)という小さな異常でも見つけ易くする検査方法があります。
他にも、拡大内視鏡やハイビジョン内視鏡などがあり、小さな変化をキャッチ出来るので、早期発見早期治療に繋げる事が期待できます。福岡でこういった、高精度な大腸内視鏡検査を受ける時には、ネット上のサイトやクリニックのホームページなどを見て、内視鏡検査の方法を確認すると、高精度な大腸内視鏡検査が出来るクリニックや病院を見つけ易くなります。

Update List